NO IMAGE

水痘(水ぼうそう)

●概念 潜伏期は10~21日(平均14日)。発疹出現1~2日前から発疹出現後4~5日後まで感染力あり。 空気感染と飛沫感染が中心で感染力が非常に強い。 ●...

NO IMAGE

尋常性ざ瘡(にきび)

●原因 尋常性ざ瘡(にきび)は、ホルモンと皮脂、細菌の相互作用により毛包が炎症を起こすことで生じる。にきびは乾いた皮脂や死んだ皮膚細胞、細菌などが詰まり、毛穴...

NO IMAGE

伝染性膿痂疹(とびひ)

●概念 虫刺されや湿疹などを掻爬することによりできた傷に黄色ブドウ球菌やレンサ球菌が感染してできた小児の体幹・四肢の膿疱を伴う痂皮。接触感染により感染が広がる...

NO IMAGE

サルモネラ感染症

●概念 サルモネラ感染症の原因菌はサルモネラ(Salmonella enterica)であり、さらに2,000種類以上の血清型に細分されている。日本でのサルモ...

NO IMAGE

胆道感染症

●胆道感染症の治療 ①CMZ(セフメタゾン) ②SBT/CPZ(スルペラゾン) ③MEPM(メロペン) レジデントのための感染症診療マニュアル 第2...

NO IMAGE

気分安定剤

●リボトリール むずむず脚に効く 抗不安作用 ●セレニカR、デパケンR、セレニカ、デパケン(デパケン2~3回/日、デパケンR1~2回/日) 副作用:肝障...

NO IMAGE

抗うつ剤

★SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) ●パキシル 10mg、20mg 1日1~2回投与 最小20mg 等価換算20mg 10~40mg 半減期13時...

NO IMAGE

抗不安薬

●デパス 0.5mg、1mg 短、強 抗不安、統合失調症の不眠 依存強い、筋弛緩強いため、老人には使わない、軽度の抗鬱効果 副作用:健忘、筋弛緩 ...

NO IMAGE

百日咳

●症状 夜間咳嗽、連続咳発作、会話刺激後咳 ●検査 白血球増加、リンパ球増加(>70%) ●治療 クラリス 10~15mg/kg/日 14日間 エリ...

NO IMAGE

甲状腺腫瘍

●甲状腺の良性腫瘍 男女比は1対10で、女性に多い。症状は甲状腺腫大のみであることがほとんどである。 ・単純性びまん性甲状腺腫 思春期女性にみられることが...

NO IMAGE

縦隔腫瘍

●分類 ・上縦隔:甲状腺腫、神経原性腫瘍、リンパ性腫瘍(悪性リンパ腫、キャッスルマン病)、心膜嚢胞 ・前縦隔:胸腺腫瘍(胸腺腫、胸腺癌、胸腺カルチノイド)、...

スポンサーリンク