NO IMAGE

動揺病(乗り物酔い)

乗り物酔いは5~12歳がピークと言われるが、かなり個体差がある。三半規管の能力の差と考えられ、平衡感覚を鍛えることで克服できる。また、抗ヒスタミン薬や制...

NO IMAGE

漢方薬~分類別

●瀉心湯類(しゃしんとうるい) 黄芩(おうごん)と黄連(おうれん)を主薬とする処方群である。胸やみぞおちのつかえがある人(心下痞硬)を目標としている。胃腸機能...

NO IMAGE

漢方薬~症状別マイナー編

使うことの多い漢方薬を厳選して症状別にまとめた。一つの症状になるべく一つの漢方薬を当てはめている。 ★耳鼻科 ●嗄声 ・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう...

NO IMAGE

漢方薬~症状別メジャー編

使うことの多い漢方薬を厳選して症状別にまとめた。一つの症状になるべく一つの漢方薬を当てはめている。 ★呼吸器内科 ●感冒 ・麻黄湯(まおうとう):27...

NO IMAGE

必要水分量・必要カロリー

必要水分量・必要カロリーの計算は輸液を組み立てるときに絶対必要となる。輸液の一覧表を参考に水分量及びカロリーを計算して輸液を組み立てる。 ●成人の1日の必...

NO IMAGE

頭痛の鑑別

頭痛は様々な原因で生じる。それぞれの症状の特徴を覚えておく。 ●緊張型頭痛 ●片頭痛 ●群発頭痛 ●混合型頭痛 片頭痛と緊張型頭痛の両者が合併する...

NO IMAGE

群発頭痛

群発頭痛は特徴的な症状を呈する。また、痛みが激しいため、患者のQOLに関係し、性格変化も起こり得る。 ●疫学 20~30歳代の男性に多い。 頻度は毎年...

NO IMAGE

片頭痛

頭痛の患者の中で片頭痛患者は多い。軽症から重症まで幅広く、中には日常生活に支障が出る片頭痛患者もいる。トリプタン製剤が著効する。 ●疫学 成人の1割弱(...

NO IMAGE

緊張型頭痛

頭痛の原因として最も多い。ストレッチや鎮痛剤、筋弛緩薬などが有効である。 ●疫学 頭痛の原因の7~8割。日本では成人の22%、2200万人が悩んでいる。...

NO IMAGE

頭痛の原因・頻度・鑑別

頭痛の原因は様々であるが、問診により頭痛の種類を判別できることが多い。特に片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛を区別するための鑑別法を以下に記した。 ●頭痛の原因...

NO IMAGE

胸部XP・CT

●胸部XP ・撮影法 胸部正面像の撮影では立位P-Aが原則。坐位P-AやA-Pでは心臓が大きく写るため注意する。 胸部側面の撮影ではR-Lが原則。心臓...

NO IMAGE

排尿困難

排尿困難、尿線異常の原因は、1)尿道・膀胱や前立腺に起因する疾患、2)末梢神経の障害、3)中枢神経の障害、4)薬剤による副作用の4つ。 1)尿道・膀胱...

NO IMAGE

鼓膜穿孔

鼓膜穿孔は基本的には急性期は経過観察を行い、慢性期(3か月以上)では手術を考慮する。 ●原因 鼓膜に穴が空いた状態を、鼓膜穿孔と言う。二通りの原因があり...

NO IMAGE

結膜下出血

結膜下出血は症状はほとんどなく、自然治癒する。充血では細い血管が結膜部分に見えるが、結膜下出血では血管が破れてしまっており、血管は見えず血がにじんでいる...

スポンサーリンク