電解質異常~低K血症

スポンサーリンク

●検査

血液検査:

・K

・Mg:低Mgが低Kの原因のことがある

・血清浸透圧

・CK:横紋筋融解症が起こることがある

・血液ガス:低Kでは代謝性アルカローシスになる。下痢と尿細管性アシドーシスでは代謝性アシドーシスになる。

尿検査(随時尿):

・尿中カリウム

・尿中ナトリウム

・尿中塩素

・尿浸透圧

尿中カリウムが30mEq/L(117mg/dL)未満のとき、

カリウム摂取不足か下痢による低カリウム血症

尿中カリウムが30mEq/L(117mg/dL)以上のとき、

腎臓よりカリウムが失われている

尿中塩素が25mEq/L(89mg/dL)以上:利尿剤かマグネシウム不足により、腎臓からカリウムが失われている

尿中塩素が15mEq/L(53mg/dL)以下:嘔吐かアルカローシスにより、腎臓からカリウムが失われている

尿中カリウムが20~40mEq/L(97.5~156mg/dL)であるとき、

TTKGが3以下:腎臓からのカリウム喪失はない

TTKGが7以上:アルドステロンによる腎臓からのカリウム喪失

尿中カリウム1日量(蓄尿)

尿中カリウム1日量が20mEq(97.5mg)以上なら腎臓よりカリウムが失われている。

血圧

高血圧:アルドステロンの増大、Cushing症候群、Liddle症候群

低血圧:Barter症候群、Gitelman症候群

心電図

1mm以上のU波、T波の平低化あるいは陰性T波、QT間隔の延長、不整脈が見られることがある。

●治療

①経口カリウム製剤

スローケー 2~4T 分2 (1錠に8mEqのカリウムで、1日4錠ではカリウムで32mEq)

アスパラK 3~9T 分3 (1錠に1.8mEqのカリウムで、1日3~9錠で5.4~16.2mEq)

※利尿薬により低K・低Clを来している場合、スローケーあるいはKClがよい。

②塩化カリウム製剤点滴

KCl10~20mL(10~20mEq)+生食500mL
投与速度は20mEq/時間以下
1時間以上かけて点滴

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク