胃瘻の栄養

●栄養の指標
・体重
・アルブミン(半減期21日)、プレアルブミン(半減期2日)、レチノール結合蛋白(半減期0.5 日)
・コリンエステラーゼ(半減期16日)
・ヘモグロビン(半減期1ヶ月):ビタミン欠乏、鉄欠乏、銅欠乏
・総リンパ球数:2,000/μl 以下が栄養障害
●必要カロリー
・基礎エネルギー消費量(BEE:Kcal/day)
◎ Harris-Benedict計算式
男性:BEE=66.5+(13.8×体重 kg)+(5.0×身長 cm)―(6.8×年齢)
女性:BEE=655.1+(9.6×体重 kg)+(1.8×身長 cm)―(4.7×年齢)
・1 日必要カロリー(Kcal/Day)=BEE×活動係数×ストレス係数
・活動係数 ストレス(障害)係数
寝たきり:1.0  歩行可:1.2  労働:1.4~1.8
感染症・手術  軽度:1.2 中等度:1.4 重症:1.8
37℃:1.2 38℃:1.4 39℃:1.6 40℃以上:1.8
・800~1300kcal
(900~1100kcal→感染時1200~1300kcal)
●水分量
30mL/kgで計算する。
下痢、創部ドレナージ、発熱などでは、40mL/kgに増量する。
●栄養剤
・成分栄養剤:エレンタール、へパン、アミノレバン
・消化態栄養剤:ツインライン、ペプチーノ、エンテルード
・半消化態栄養剤:経腸栄養剤の多くはこちら。エンシュア、ラコール
・半固形化栄養剤:半消化態栄養剤を固形化した栄養剤。誤嚥性肺炎の原因になりうる逆流が起こりにくい、胃瘻からの漏れが少ない、下痢が少ない、注入時間が短くてすむという利点がある。
① 半固形化栄養法(ディエフプッシュケア、テルミールPGソフトEJ、リカバリーニュトリートなど)+水
胃食道逆流や下痢などの症状がない場合。手間もコストもかからない。
② 半固形化栄養法+半固形化した水(ニュートリートウォーター、PGウオーターEJ、オーエスワンゼリーなど)
胃食道逆流症状や下痢がある場合、チューブ内に半固形化した栄養剤が残留して汚れやすい場合。半固形化する手間がかかったり、半固形化した製品を購入しないといけないので、コストがかかる。
③ 水分含有量の多い半固形化栄養材
介護者の手間を省きたい場合。栄養剤の注入だけの手間ですむので、介護者の負担が少なくてすむ。カームソリッド、ハイネゼリーなど
臨床医のための栄養療法の進め方ノート―基本から病態別の処方例までポイントがわかる実践マニ/羊土社

¥4,935
Amazon.co.jp
【ニプロ カームソリッド CS-300 ×16パックセット】水分補給に配慮した半固形流動食!【…

¥7,619
楽天

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク