「 神経内科 」一覧

NO IMAGE

けいれん

●治療 ①セルシン1A iv 1分で ②アレビアチン1A iv 5分で (生食100mlに溶解して1時間でもよい、他剤併用不可) ③フェノバール 1A ...

NO IMAGE

抗てんかん薬

抗てんかん薬についてのまとめ。抗てんかん薬は種類が多いため初めは戸惑うが、デパケン、テグレトール、フェノバール、フェニトイン、、、とそれぞれの特徴を一つずつ...

NO IMAGE

てんかん各論

良性乳児けいれん、BECTS、小児欠神てんかん、若年性ミオクロニーてんかんは頻度が多い。ウェスト症候群、レノックス・ガストー症候群はレアだが、特徴的なけ...

NO IMAGE

てんかんの種類

てんかんの種類を4つに分けて考えると分かりやすい。全般性か焦点性か、年齢依存性か年齢非依存性かで考える。 ●年齢依存性焦点性てんかん ・ローランドてんか...

NO IMAGE

頭痛の鑑別

頭痛は様々な原因で生じる。それぞれの症状の特徴を覚えておく。 ●緊張型頭痛 ●片頭痛 ●群発頭痛 ●混合型頭痛 片頭痛と緊張型頭痛の両者が合併する...

NO IMAGE

群発頭痛

群発頭痛は特徴的な症状を呈する。また、痛みが激しいため、患者のQOLに関係し、性格変化も起こり得る。 ●疫学 20~30歳代の男性に多い。 頻度は毎年...

NO IMAGE

片頭痛

頭痛の患者の中で片頭痛患者は多い。軽症から重症まで幅広く、中には日常生活に支障が出る片頭痛患者もいる。トリプタン製剤が著効する。 ●疫学 成人の1割弱(...

NO IMAGE

緊張型頭痛

頭痛の原因として最も多い。ストレッチや鎮痛剤、筋弛緩薬などが有効である。 ●疫学 頭痛の原因の7~8割。日本では成人の22%、2200万人が悩んでいる。...

NO IMAGE

頭痛の原因・頻度・鑑別

頭痛の原因は様々であるが、問診により頭痛の種類を判別できることが多い。特に片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛を区別するための鑑別法を以下に記した。 ●頭痛の原因...

NO IMAGE

認知症

●認知症について 認知症は高齢者に多く見られる疾患で、65歳以上では7~8%、85歳以上では4人に1人が認知症であると考えられている。アルツハイマー型認知症、...

NO IMAGE

本態性振戦

●病態 振戦の中で最も頻度が高いのが本態性振戦である。有病率は人口の2.5~10%とされ、65歳以上では5~14%に認められる。高齢者に多い一方、若年発症の本...

NO IMAGE

頭部CTの見方

・テント下 小脳:萎縮 脳底動脈:石灰化、偏位 第4脳室:拡大 ・テント上 大脳実質:委縮(皮質性・中心性)(前頭葉・側頭葉・頭頂葉・後頭葉)(高度・...

NO IMAGE

前脊髄動脈症候群

●脊髄の動脈 前脊髄動脈:脊髄の前3分の2を養う1本の動脈、左右の前角、錐体路、温痛覚、痛覚を養う 後脊髄動脈:脊髄の後ろ3分の1を養う2本の動脈、後角、後...

スポンサーリンク