「 感染症科 」一覧

NO IMAGE

水痘(水ぼうそう)

●概念 潜伏期は10~21日(平均14日)。発疹出現1~2日前から発疹出現後4~5日後まで感染力あり。 空気感染と飛沫感染が中心で感染力が非常に強い。 ●...

NO IMAGE

サルモネラ感染症

●概念 サルモネラ感染症の原因菌はサルモネラ(Salmonella enterica)であり、さらに2,000種類以上の血清型に細分されている。日本でのサルモ...

NO IMAGE

胆道感染症

●胆道感染症の治療 ①CMZ(セフメタゾン) ②SBT/CPZ(スルペラゾン) ③MEPM(メロペン) レジデントのための感染症診療マニュアル 第2...

NO IMAGE

百日咳

●症状 夜間咳嗽、連続咳発作、会話刺激後咳 ●検査 白血球増加、リンパ球増加(>70%) ●治療 クラリス 10~15mg/kg/日 14日間 エリ...

NO IMAGE

溶連菌感染症

●概念 A群β溶血性連鎖球菌によっておこる感染症。 咽頭炎の多くはウイルス性であり(50~80%)、抗菌薬は必要ない。咽頭炎の30~50%が溶連菌感染症で、...

NO IMAGE

RSウイルス

●症状 鼻汁が多い 2歳以下に多い 中耳炎の合併が多い 喘息様症状 アトピー既往歴、家族歴でアレルギー素因がある場合重症化しやすい 呼吸困難、呼吸停...

NO IMAGE

マイコプラズマ

●症状 幼児~学童 発熱が3日以上続く 症状が出始めて1週間以上たっても咳嗽が増悪の一途をたどる 寝付くときの咳き込みが激しく時に咳き込み嘔吐を伴う ...

NO IMAGE

インフルエンザ

●症状 高熱 咽頭痛 関節痛 咳嗽、鼻汁は目立たないことが多い ●検査 迅速検査は最低12時間以上、ふつうは1日以上経過してから行う。 検査の陽性...

NO IMAGE

抗生剤

●時間依存性 βラクタム系(ペニシリン、セフェム、カルバペネム) ●濃度依存性 アミノグリコシド、ニューキノロン ●マクロライド ×抗ヒスタミン薬 Q...

スポンサーリンク