細菌性腸炎

スポンサーリンク

●原因

サルモネラ(鶏肉や生卵が原因となる。脳炎などの腸管外症状多いため注意する。)
カンピロバクター(鶏肉が原因となる。ギランバレー症候群に注意する。)
腸管出血性大腸菌感染症(HUS、脳炎に注意する。)

●症状

高熱、血便、水様性下痢、脱水症状

●治療

3歳未満、38度以上、血便、症状強いときは抗生剤投与。
まずはホスミシン 40~100mg/kg/日 分3と整腸剤投与する。
培養結果を待ち、サルモネラではホスミシンあるはクラビット投与、カンピロバクターではマクロライド投与、腸管出血性大腸菌感染症ではホスミシンまたはクラビット投与する。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク